革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

アルコールとの関係

お酒を飲みすぎるとつい深酔いしたり、二日酔いや悪酔いなどに発展してしまいがち。しかし、ゴマに含まれる「セサミン」が、このようなお酒のトラブルを予防してくれる効果があることをご存知でしょうか。
セサミンの有効成分はこちらに載っています。


肝臓では、水と二酸化炭素に分解する時にアセトアルデヒドという毒素が生まれます。お酒がほどほどの量であればそれらの毒素は全て分解されるので、二日酔いも特に起こりません。しかし、酔う人というのは明らかに処理能力を超えてしまう程に深酒をしています。アセトアルデヒドも分解されずに体内に残るので、気持ち悪さが延々と続くような結果になってしまうのです。


アルコールに弱い人は飲酒をすると心拍数が上がりやすくなります。しかし、あらかじめセサミンを先に摂取しておくと、この心拍数の変動が小さくなることが分かっています。お酒を飲むと肝臓で水と二酸化炭素に分解され、腎臓から膀胱を経由して外に排出されます。このプロセスの中でもっとも重要な部分は肝臓です。


セサミンは直接肝臓に働きかけができる抗酸化物質です。肝臓のアルコール分解機能を高めてくれるので、アルコールの分解をスムーズにする効果があります。以前、アルコールに弱い成人の男性に対する臨床試験が行われた結果、1日100mgのセサミンを1週間摂り続けただけで、セサミンを摂らなかったグループよりも早く酔いが覚めることがわかりました。
また、胃の痛みにもセサミンは効くようです。


普段からお酒を飲まれる方の中には、もっと肝臓機能がアップすればいいのにと思っている方も多いのではないでしょうか。肝臓は栄養素の分解に始まり、貯蔵やコレステロールの生成、有害物質の解毒などあらゆるはたらきを持っています。「酒は百薬の長」などとも言われますが、すべては健康な肝臓あってこそというわけです。


友達の付き合いや会社の飲み会で深酒しそうなときは、セサミンが含まれているゴマ料理を食べたり、セサミンのサプリメントを事前に飲んでおくと二日酔いや悪酔いを予防する効果が期待できます。

その他にもセサミンには様々な効果があります。
そちらについてはhttp://www.takara-ar.jp/hiroukaihuku.htmlでまとめてありますのでご覧ください。