革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

輸入セサミンについて

ふりかけなどに含まれている小さな食品「ゴマ」は、その大多数が日本で生産されていないことをご存知でしょうか?


実は日本は世界でも有数のゴマ輸入国。国内生産量は0.1%ともそれに満たない数値であるとも言われており、一部のメーカーが専用に設けている畑などを除けば、ほぼゼロであるといえます。居酒屋のおつまみにふりかけてあったり、あるいは自宅で食べるふりかけに含まれているゴマ達は、ほぼ全ての量が海外からの輸入品なのです。


外国産のゴマについて

世界で最も生産が盛んな場所はミャンマーで、次がインド、中国、アフリカ諸国と続いています。基本的に温暖な地域で栽培されており、日本に伝わったルーツもシルクロードを経由して中国からもたらされました。


現在、日本に輸入されているゴマのうち健康食品として用いられているものについては、日本企業が管理を行って栽培されています。「セサミン」などのサプリメントを製造する際には、一度国内にゴマを輸入した後農薬検査を行い、搾油してサプリメントに形を変えています。


食品用として輸入されたゴマについては、一部地域で用いられている農薬や防腐剤が残っている場合があり、それらが人体に与える影響が懸念されています。こうした添加物はゴマアレルギーなどの疾患を引き起こす原因であるとも言われており、今後の課題となっています。


国内産のゴマについて

99%以上の量を外国産に頼っている現在、国内産のゴマは希少であり、価格も高く設定されています。その価格は輸入品の20倍とも言われているほどで、さらなる自給率の増加が待たれるところです。


セサミンサプリメント用のゴマについては有機栽培を行い、責任持って栽培から製造までを行っているものもありますが、サプリメント用の原料についても輸入ゴマが多く使われているようです。ゴマ自体はセサミンの他にも健康に良い成分がたくさん含まれていますから、安心して口にできるものを選びたいところですね。
こちらのゴマの栄養成分が詰まったサプリメント、セサミンのサイトも大変参考になりますので、ぜひご覧になってみてください。